東京・池袋にオフィスを構える齊木智輝税理士事務所。税務プロフェッショナルとして、お客様の経営支援パートナーを意識して仕事をされてきたそうです。しかし、意図せず大切な方からの信頼を失う出来事があり、その経験から何を目指して仕事をするべきなのか、一から考え直されました。「大好きな税理士という仕事で日本に貢献すること」というビジョンのもと、大きな夢に向かって歩き始めた齊木智輝氏に、その思いを語っていただきました。

齊木智輝税理士事務所のお仕事について

――齊木税理士事務所のお仕事について教えてください

税理士は税務のプロフェッショナルです。企業や個人事業主、不動産オーナーといったお客様に対して、会計処理を代行したり、節税のアドバイスをしたり、さまざまな申告書を作成しています。一般的には、「代行業」としてのイメージが強いかもしれませんね。そこにおいて、齊木税理士事務所は「未来創造支援業」を掲げています。

私のお客様はあくまでも経理担当者ではなく経営者だと考えています。経営者の仕事は、端的に言えば、「いかに会社を潰さずに目指すべき世界を実現するか」だと思います。

会社をどの方向に向かっていくのか方向付けするのは経営者ですし、私がお客様の売上を上げるための施策を打ち出すようなコンサルティングはできません。会社の専門家はあくまでも経営者です。そこで、お金に関わる専門家として、「経営者が目指す世界を実現するために、どのような課題が発生するかを事前に数字で伝えることはできる」と考えています。

私の仕事は、経営者のやりたいことを基にして、お金の流れを計算し、会社の未来予想図を知ってもらうこと。将来の「課題」が分かれば、経営者は「次」に何をすればいいか見えてきます。

その「次」に進むために、人を採用すべきなのか、融資を受けるべきなのか。こういった相談に乗っていく、財務パートナーとして認められる仕事を大切にしています。
 

画像: ――齊木税理士事務所のお仕事について教えてください

――お仕事において大切にされていることは何ですか?

「関わる人を幸せにすること」です。なぜ、このような考えに至ったかというと、私自身の反省すべき失敗経験に端を発します。

私は以前、別の税理士事務所に勤務していたのですが、先代の所長の引退に伴い、お客様を引き継いで独立することになりました。一国一城の主です。売上を上げていくために精力的に仕事をしました。私はお客様のために仕事をしてきたつもりだったんです。

でも、本当の意味でお客様に寄り添えていなかったのでしょう。お客様からは、「売りが強くなった」と思われていたようで、先代所長のところに「齊木はどうなっているんだ?」と問い合わせがあったようで。そしてある日、先代から「お前には大切なお客様を任せられないから返してもらう」と言われました。

ショックでした。自分としてはお客様のために一生懸命仕事をしていたつもりだったので。一時は先代にお客様をお返しして、売上ゼロになることも考えましたが、信頼する経営者からのアドバイスを受けて先代と話し合ったところ、お客様にどちらと継続して仕事をしていくかを選んでいただくことになりました。

結果、ほとんどのお客様が「齊木さんと引き続きお付き合いしたい」とおっしゃっていただけて。本当に、涙が出るほどうれしかったです。

でもその一方で、「お世話になった先代の信頼を裏切ってしまった」という思いもあって。自分の何がいけなかったのだろう。何を見逃してしまったのだろう。考えました。本気で悩みました。具体的な解決方法や改善策が出たわけではありません。しかし確実に分かったのは、「こんな結果は嫌だ」という自分の本心です。

関わってきた人たちへの感謝の気持ちを忘れることなく、その恩返しとして関わってきた人すべてを幸せにしたい。以来、そのような思いを抱いて、仕事やお客様と向き合っています。
 

そして、ビジョンを持った経営へ

――そのような思いから理念が生まれていくわけですね?

感謝の気持ちを意識したとき、いろんな人たちへの感謝はもちろんなのですが、「税理士という仕事」にも感謝の念を抱きました。私はそんなに勉強ができるほうの子どもじゃなかったんですよ。親にいわれてこの分野に足を踏み入れて。大学で恩師と呼べる人に出会って自信をつけて。難しい問題を解き明かすのが大好きな自分が、天職といえるこの税理士という仕事と出会えたことが奇跡だなぁって思ったんです。

税理士になってからも、外資系の税理士法人の先輩、そのあとに入った税理士事務所の先代所長、私を信頼してくださったたくさんのお客様…。多くの方たちに支えられて、税理士・齊木智輝は今ここにいるんだなと思ったとき、どこに恩返しするか、何を己の使命としていくべきかを考えたら、【大好きな税理士という仕事で日本に貢献すること】というビジョンに至りました。

大きなことを言っていますよ。でも、心にリンクしているというか、このためだったら、どこまでも頑張ることができると思いました。
 

画像: ――そのような思いから理念が生まれていくわけですね?

――作られたという理念についてお話しいただけますか

齊木税理士事務所の【理念】は、【地球上でもっともお客様を大切にする税理士事務所】です。

これを実現させるためには、【役割(ミッション)】も明確にしなければなりません。そこで設定したのが、【最幸な未来創造支援。お客様、従業員、税理士業界と共に日本の未来を創る】。

これによって描きたい私たちの【目指す将来像】は、【地球上1、最幸税理士事務所になる。地球上1、最幸税理士事務所を目指し続ける】。最高というものに終わりはありません。ゆえに、目指し続けたいと考えます。

そして、【コミュニケーションワード】は【ピンチはチャンス。まさか、ここまで!?】。ピンチと思うかどうかは自分次第です。目の前で起きてしまったことがマイナス的なことだとしてもそれをチャンスに変えていきたい。失敗からしか気づけないこともある。大切なのは、その後に何をするかです。そして、仕事をするなら相手を感動させなくちゃいけないと私は思っています。

フツウを超えて相手に「まさか、ここまで!?」と言わせる・思わせるところまでやりきる。これは私自身の決意表明です。
 

ビジョンの実現に向けて

――ビジョンの実現に向けての具体的な戦略を教えてください

日本にどのように貢献していくかを考えたとき、以下の3点に着目しました。

1つめは【女性経営者支援】。政府も女性の社会進出を応援しています。しかし、まだまだ足りていないことだらけという現状です。働く女性たちは女性経営者の会社で働くことが多いようですね。だから私たちは、女性経営者の会社の成長を支援することで、女性の社会進出のお手伝いをしていきます。

2つめは【税理士業の事業承継問題の解決】。現在、日本の税理士は50代以上の方が全体の70%を占めています。そして、その多くの方には後継者がいないんです。税理士さんが働けなくなった時、何が起こるのか。お客さんが路頭に迷ってしまいます。そうならないように、事業承継で悩んでいる事務所に対し、大切なお客様をこちらが引き継ぐことを積極的に提案していこうと考えています。

3つめは【会計業界の人手不足改善】。労働人口の減少に伴い、どこの業界でも人手不足が叫ばれています。ここに着手したいです。具体的な方法は、障がい者雇用。障がい者雇用は日本ではまだ普及しているとはいいがたい状況です。私は税理士事務所で雇用機会を作りたいと考えています。自分たちが死んだあと、子どもはちゃんと生きていけるのかどうか。そんな不安を抱えているご両親を安心させてあげたい。そして人手不足も解消できれば、誰もが幸せになるじゃないですか。
 

画像: ――ビジョンの実現に向けての具体的な戦略を教えてください

ビジョンを持ったことで見えてきたこと

――ビジョンが明確になったことで何が変わりましたか

判断が早くなりましたね。自分が何のために仕事をしているかを明文化したことにより、今やるべきことが分かりやすくなりました。また、最終的なゴールが見えているので、目先の小さなことで悩むことが少なくなったかもしれませんね。

何よりも、自分がやりたいことをほかの人に伝えられるようになった点は、大きな前進だと思っています。長く働いてくれるスタッフの採用に役立つと感じています。

ウチの事務所は長年スタッフの定着率の低さが課題でした。なぜ、辞めてしまうのか。これについては本当に悩んで、いろいろ勉強もしました。その結果、人は成長を求めることが分かったんです。成長できない環境では人を引き止めることはできません。

ゴルフを例に挙げると、18ホールをまわったスコアが、前回よりも良くなっていたら嬉しいじゃないですか。もっと良くなろうと練習しますよね。そして次はスコアがもっと良くなれば、どんどん熱中していく…。仕事にも会社にもこういう仕組みが必要なんですよね。

とはいえ、ひと言で成長と言っても、人それぞれ求めている成長は違うわけです。でも、ウチが何を目指している事務所なのかが明文化されて分かりやすくなっていたら、ウチに合った人と出会う確率が絶対上がるじゃないですか。

このように、ビジョンを明文化したことで、人に話しやすい、仕事に活かしやすくなりました。迷ったら、「自分の何のために仕事をしているんだっけ?」と立ち戻る場所ができたといいますか。明文化する前は、何が正しくて何が間違っているか判断できないことも多かったので、あの頃に比べると、ハッキリ道が見えている感じがしますね。
 

――最後に、これからの展望について教えてください

お客様に寄り添っていく仕事を、1つひとつ丁寧に行なっていく――これに尽きます。大きな夢を掲げていますが、まだまだ力は弱い税理士事務所です。夢の実現には近道なんてないんですよ。

話が変わりますが、IWCのポルトギーゼという時計をご存知ですか。知る人ぞ知る時計ブランドなのですが、これが見た目は地味なんです。でもね、ロレックスよりも歴史がある。派手さはないけど、時計としてあるべき役割をきちんと果たしている絶対的な信頼があるんです。そんな質実剛健な税理士事務所でありたい、私はそう思っています。

そして、自分が行き着くべきゴールはきちんと分かっていますからね。1歩1歩、自信をもって歩んでいけるんじゃないかと感じています。
 

画像: ――最後に、これからの展望について教えてください

齊木智輝税理士事務所

住所:東京都豊島区南池袋2-4-3池袋 ホウライビル102
設立:2016年1月1日
代表:代表 齊木智輝
URL:https://en-gage.net/saiki-tax_career/

This article is a sponsored article by
''.